新着記事

2009年09月18日

心臓に悪い演出

・・・がバットマン・アーカムアサイラムにあり、昨日そのシーンでビビリました。

「マジで?!」という驚きとプレイ中のプレイヤー自信に降りかかる過去のあの悪夢!!

・・・しかしそれは「演出」でした。


一瞬のうちに「驚愕」「落胆」「安堵」とコントロールされたかのような心理の動揺をプレイヤーにも与える「アーカム・精神病棟」・・・恐るべし!


私の精神はすでその迷宮と狂気に満ちた館にとらわれてしまっているのかもしれません。

ぜひ、プレイしてみてください。





2009年09月17日

PS3、Xbox 360『バットマン アーカム・アサイラム』サイトオープン

WS000003.JPG


やはりEidosを買収したスクエアエニックスからの発売ですね。

発売日はわかりませんが、心理的狂気の物語が根底にあるので日本語であればとてもわかりやすいと思います。グラフィックの表現は濃厚ですばらしい雰囲気です。どぎついバイオレンス描写や過剰な出血表現も無いのでオリジナルなままでの発売だと思います。

2009年09月14日

ファンにはやりこみの要素

気合を入れてバットマンをプレイするために「ダークナイト」を見るが、3時間近くある本編をずっと見続けてしまい結局その日はプレイできませんでした。この作品飽きないし、だれるところがないのでずっと見続けてしまいます。

アーカム・アサイラムには、多くの収集解除ものがあるのですが歴代のキャラクターを解除するものがあり、プレイ中は何気に通り過ぎてしまう場所にあるオブジェなどよくよく注意してみるとキャラクター解除のヒントが隠されています。

「トゥーフェイス」「キャットウーマン」「ペンギン」「ミスターフリーズ」など計28人のキャラクターが解除できます。
そのキャラクターのゆかりの品物(コス、落書きなど)のある部屋に注意しましょう。


モルグの死体袋から出ている足のタグをよくよく調べると「ラーズ・アル・グール」という名前を発見。「バットマン・ビギンズ」に出てきたキャラクターです。

CIMG2641.JPG


CIMG2640.JPG


CIMG2642.JPG

(このように情報が解除されます)


もうひとつは、マップのあちこちに隠された「リドラーの計画」の謎解き。ジョーカーの裏で暗躍しているもう一人の敵「リドラー」の謎を解くのもこのゲームのもうひとつの醍醐味となっています。

ジョーカーを倒すだけでなく、アーカムアサイラムに潜む多くの謎を解くというのもファンの方には非常に楽しめるもので、このような奥の深い仕掛けも高評価につながっているのではないでしょうか。









2009年09月07日

〜狂気の深遠へ〜「バットマン・アーカム・アサイラム」

キャラゲーとしては、あまりの高評価ギネス登録までされた「バットマン・アーカム・アサイラム」

バットマンは海外では歴史が古く数多くのゲームが開発された中で今回話題の大きい「バットマン・アーカム・アサイラム」は日本のゲーマーにも受け入れられるのでしょうか。

アーカム・アサイラムも原作はバットマンの数ある原作の中でも異色な物語であり、そのダークな独特のアメコミらしからぬ幻想的かつ濃密な作風は読むものを悪夢に誘うような世界観を作っている。

現在日本語版は絶版でプレミア化しており、洋書版ならば容易に手に入れることが出来る。

私は洋書版を持っているがその独特の作風は美術本または哲学書と揶揄されてもおかしくはないほどの出来。

ギアーズ・オブ・ウォーなどでも使われているアンリアル3エンジンによる濃密かつ細やかなグラフィックは、ダークで不安を掻き立てるような「アーカム・アサイラム」の世界観を演出するのにベストマッチしているといえよう。

続きを読む

2009年08月22日

Batman: Arkham Asylum review

海外での評価では現在トップレベルなBatman: Arkham Asylum

海外のデモ版をやってみましたが、「BATMAN」特有のダークでおどろおどろしい雰囲気をうまくかもし出した作品です。その独特の世界観を演出するのにUnreal Engine 3を使ったのはベストだと思います。

映画「ダークナイト」でバットマンにハマッタ方にはベストバイかも知れません。



●予約商品●【Xbox360】Batman: Arkham Asylum (バッドマン:アーカム アサイラム)<アジア...



コレクターズエディション(リージョンフリー)
XBOX360 北米版 『Batman: Arkham Asylum Collector's Edition』(限定版)



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。