新着記事

2011年01月25日

Dead Space 2 レビュー高評価

ds.JPG


年始の目玉作品の「Dead Space2」期待通りの高評価。海外では本日発売で、私のところにも数日で届くはずです。
今回は主人公がよく素顔をさらしているところや、バイオレンス度と恐怖度もぐっと上がっているようです。前作には無かったオンラインはどのくらい楽しませてくれるのでしょうか。




(コレクターズエディション発売中)
pa.189579.1.jpgpa.189579.2.jpg



posted by タイガー仁 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | TPS>Dead Space | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

Dead Space 2 プレイ動画

私のゲームリストの5本指に入る傑作アクション「Dead space」の続編
「Dead Space 2」の動画です。

動画を見る限りでは前作の世界観は損なわれていないと思います。






前作は日本未発売ですが非常に面白いのでオススメです。
posted by タイガー仁 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | TPS>Dead Space | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

ゲームと同様,九死に一生を得た「Dead Space」プロジェクトの秘密に迫る

[GDC 2009#31]ゲームと同様,九死に一生を得た「Dead Space」プロジェクトの秘密に迫る
(ソース 4Gamer.net)

deadspace111.jpg


発売以前はノーマークだった「Dead Space」でしたが、発売当初海外での評価があまりに高く、急いで購入したことを覚えておりますが、予算も期間も3ヶ月しかないと状態で作られたとは驚きです。

既存のTPSゲームの要素に独特のオリジナルアイデアを組み込むことで大ヒットになったわけですが、それぞれの要素が的確な意味を持っていてうまく出来ていると思います。

切断描写が単なるグロ演出でなくいかに部位切断することで弾を節約し効果的に相手の動きを封じ込めるかという戦術性に基づいていること、武器は本来の武器でなく資源掘削の道具であり、効果的に岩石を切断したり掘削したり、爆破したりサイコキネシスも個人での運搬作業にもとづく能力と考えれば非常に理にかなったものであり、HUDをなくすことで「たったひとり」という孤独感を効果的に演出していることが、恐怖を増幅していました。

時間も予算も限られた状態で、オンライン要素を削ぎ、使い古されたTPSの基本にオリジナルなアイデアを組み込むことで大ヒットさせることに成功しました。背水の陣で1からゲームを組み立てるクリエーターには頭が下がります。

部位切断が、このゲームの意味の一つなのですが、その表現を許さない日本では発売されることはないでしょう。
英語なのでストーリーを理解するのは難しいですが、雰囲気やプレイ感覚は十分に楽しめるものなので買って損はありません。

映画でもアイデアで大ヒットしたものもけっこうありますが、続編に予算も時間も与えるといまいちとか駄作になる確率があがるんだよな。

Xbox360 【アジア版】DEAD SPACE(デッドスペース)《発売済・取り寄せ品》


この本では日本のゲーム倫理委員会「CERO」について数ページですが記述されており、「Deadspace」についても書かれています。







posted by タイガー仁 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | TPS>Dead Space | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

Dead Spaceクリア

こつこつ進めていた「Dead space」ですが、ようやく終了いたしました。最後の最後まで緊張感MAXでした。
結局武器はプラズマカッターと、パルスライフルの2種類を出来る限り強化して使いました。

CIMG1912.JPG

ラスボスを倒し、一人たたずむ


CIMG1919.JPG


2週目ではいろいろな要素がアンロックできるようです。
レベル6の新しいミリタリースーツとやらを着てみたいです。

今度はラインガンでも強化してみますか。

やはり人気作品だけあって、ダウンロードコンテンツも充実されるようです。
posted by タイガー仁 at 08:57| Comment(1) | TrackBack(0) | TPS>Dead Space | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

Dead Space クリエイターのこだわり

日本語字幕付き動画 - Dead Space プレビューx2
(360GAMES ZONE)

私もチャプター6まで這いずりながら来ましたが、驚きにも冷静に対処できるようになったとはいえ、ただならぬ緊張感にいつの間にかぶっ通しで3時間とかプレイしてしまいます。

日本語に訳されているのでわかりやすいですが、スタッフの並々ならぬ思いと怖がらせてやるぞという気迫のみなぎったゲーム作りと細かい工夫が、いままでありそうなゲームでありながら、非常に新鮮さをユーザーに与えているのではないでしょうか。

昨日は「マーセナリーズ2」をフレンドの方に入っていただき、ミッションをいくつかクリアいたしました。ありがとうございました。前後から攻められ、なかなか難攻不落なミッションも攻略が楽でした。

そのフレンドの方がFARCRY2を買われたみたいで、「すごいよ!」と言われているのに触発されて、動画やら見て「うわー!衝動買いしそう・・・しかし、今後いろいろ大作が控えているし・・・」と、ぽちっ・・・と押したくなるのを我慢しているのでございます〜!

おまけに「ミッドナイトクラブ・LA」だと!ああ!フェアレディZで街を流して〜。

Midnight Club: Los Angeles 海外レビュー
(360GAMES ZONE)

くそー年末に備えて稼いで稼いで稼ぎまくるぞ!!
posted by タイガー仁 at 17:07| Comment(2) | TrackBack(0) | TPS>Dead Space | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

Dead Space 〜「RB」ボタンで繰り出す「踏みつけ」が秀逸〜

IMG_0922.JPG


「あわわ、あ、あそこの廊下の角・・・なんかいる・・・なんかいるよね!!」


ガコーン!!プギャー!


「横からかよ!!」



・・・という恐怖と緊張感が途切れない「Dead space 」

今後新作、話題作ラッシュだというに自分としては、今のところ今年イチのシューターといっても過言ではないでしょう。

続きを読む
posted by タイガー仁 at 11:12| Comment(5) | TrackBack(0) | TPS>Dead Space | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

Dead Space届く

ブログ更新した直後に、国際郵便で届きました。

CIMG1734.JPG


少しは、腰を落ち着けられるようになってきたのでじっくりプレイしてみようと思っています。

人体欠損が激しくひたすらグロなので日本語版は発禁らしいですが、ゲームの肝の1つが「戦略的部位切断」とクリエイターが言っていますので、表現規制でソフトな表現の日本語版が発売されても何の意味ないですよね。

いままでもゲーム買う時は海外版か日本版か悩むときはあります。欲しいFPSやTPSなどは、PCゲー時代から躊躇なく速い海外版を選びますが、オブリビオンなどストーリーや会話が理解できなければ進めないRPGなどは日本版で買うので、アマゾンで予約中のFALLOUT3は国内版にしてますがもし表現規制があるとちょっと満足度ダウンかも。
でも、楽しみです。

これから年末にかけて、期待作良作ラッシュですが購買意欲をそそる大人向けのハードなゲームが海外ものばかりだし、それらが話題となって購入される方も多いことから、十数年PC時代からハードとグラフィックエンジン開発と共に地道に進化してきた海外のFPS、TPSの技術が日本でもようやく受け入れられてきたのかなと思います。








posted by タイガー仁 at 13:32| Comment(4) | TrackBack(0) | TPS>Dead Space | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。