新着記事

2008年05月27日

SOF/PBと「J30」記念撮影?

久々に積みっぱなしだったソルジャーオブフォーチュンペイバックをプレイ。
買ったばかりの取っ掛かりでは「うわー損した!!」などと思ってましたが、そんな気持ちも数多くのゲームに触れるうちに許せるようになったのでしょうか?案外サクサク進めることができるし、ウリの残虐表現も「日本では、こーゆうゲームなかなかないよね〜」などと再評価。

しかし、無駄に死に様のエゲツなさに力の入った作品。
前作、前々作の撃たれた部分にあわせた喜劇人並みのリアクションは薄くなりましたが、当たれば血を吹き上げながら簡単に飛ぶ腕やら足を横目に突き進むゲームといった感が強くなりました。

CIMG0889.JPG


銃のモデリングと銃撃音に異様に力が入っていてFPSとして及第点があげられることがせめてもの評価ポイントでしょうか。
操作はCod4とほとんど同じです。しかし、スティックプッシュダッシュはCod4よりダッシュが異常に速いということ。

ゲームの出来不出来に関わらずキワモノ好きな方向けです。難易度も低く、超人的なランボースタイルアクションを楽しむならばコレでしょう。
武器も豊富でカスタマイズも無駄に多く、実績解除制限など無しで最初から銃器に様々なデコレーションとカスタマイズが可能!!
ショットガンにスコープなどの機能性よりかっこよさを追求する無駄なカスタマイズが可能な逸品となっています。

数ヶ月ほったらかして、気持ちも熟成したのでしょうかね。いまは面白いです。ついでに長期の保管場所が悪かったのか、パッケージが湿気でシワシワになってました。

CIMG0890.JPG


その後は「J30」でのCod4久々の交流戦。
記念撮影しましょうとの案で集合しているにも関わらず、集合の輪に、

1発のフラグ、1発の凶弾、

1発のスモークなどですぐ乱戦状態に!!


そんなカオスの中で撮った数枚です。

バラエティマップパック「KILLHOUSE」のあの狭い高台のやぐらに15〜16人登った様子。 (この直後フラグが投げ込まれます)

CIMG0892.JPG


CIMG0893.JPG


CIMG0894.JPG
posted by タイガー仁 at 11:53| Comment(2) | TrackBack(0) | FPS>Soldier of Fortune PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

ぺいばぁ〜っく!!

最近のCod4ですが、

「XBOX Friends」で[J30]老兵士たちの集いというCoD4三十路老兵クランに入らせていただき楽しんでます。現在募集もしてます。

忙しい合間や嫁子供が寝静まった時間を使ってゲームする30代のおとうさんやナイスガイのチームです。

この前はクランの皆様方で6時間ほど、・・・そう朝方までオンラインに入っていました。
その中でいろんなゲームモードやステージを楽しみましたが結構面白かったのが、Free−For−All(自分以外みんな敵)でのスナイパーオンリー戦。

みんな草のカモフラージュしたスナイパーで、ステージに散らばっているのでどこにいるのかまったくわからない状態。

ワンショットワンキルを狙うため誰もなかなか撃たない。
静けさと動けばどこから狙われるやも知れぬ緊張感。

遠くの一発の銃声にその方向に向かおうとする瞬間にお陀仏。うひょー!

いやあこんな遊び方もあるのかと思いました。一人でオンのときは、いつもチームデスマッチかグランドウォーばっかりですから。



・・・さて、微妙な評価だと申し上げていた「Soldier of Fortune: Pay Back」なのですが、高いお金を出して買ってしまいました。

CIMG0730.JPG


ストーリーの説明も無いままいきなりブリーフィングに入り

CIMG0735.JPG


武器を選べます。ショットガン、アサルト、サブ、スナイパーライフルとサイトやスコープのオプションが選び放題です。

CIMG0734.JPG


いきなり戦場に叩き込まれます。1人NPCのパートナーがおり、共に戦いますがすぐいなくなります。

うっ!ちょっとカクカクするぞ。
戦場は広そうに見えますが、わき道に入るとすぐ行き止まりです。
・・・つまりルートは1本道だということです。

敵がわらわらと攻めてきます。パラパラと応戦すると・・・あら不思議!手や足が簡単に飛ぶではありませんか!

CIMG0736.JPG


前作(PC)でのガキーンガキーンとした骨も一緒に削りとるような感覚が乏しい。

か!隠れろ!「しゃがむ」はどうするんだ!
Cod4の操作に慣れてしまっている私は十字キーの↓が「しゃがむ」ということに気付いたのは、5回死んでからでした。

終盤にさしかかり、いなくなっていたNPCのパートナーが出現。いきなり私に銃を向けて撃ってくるではありませんか!裏切りです!(ムービーがはじまりますが意味不明)

なんのこと?コレが1面目のボスステージ?

あっけなく倒した私は次のステージのジャングルの密林に放り出されるのであった。

CIMG0737.JPG



はい!正直微妙です!



銃のモデリングはいい!種類も豊富だしすぐ使える。
しかし、Cod4という傑作ミリタリーで目の肥えてしまった私には物足りない。
・・・というかこのシリーズ前作の「二重螺旋」の方がいい。


切り株の断面はグロくてリアルだが、前作、前々作は敵の死に様にもっと情緒があったはず!


お、俺としたことが!!




しかし!

できない部下も、悪い子供も

健やかに育てるには

そう!

「いいところ」を見つけ

伸ばしてあげること!

・・・ですか?!



マーケティングにおける消費者行動論@

マーケティングの世界において、消費者は自分の買ったものに対して不安を抱く。
「こんな高いものを買って良かったのか?本当に正しかったのか?自分に必要だったのか?」その金額が高ければ高いほどその傾向は強まる。
衝動買いにおいては顕著にその感覚が現れる。

その時、自分の購買行動に正当性・・・つまり間違った購買行動していないということを自分自身に認めるために理由を考え始める。
「何々に必要だった。」「将来のために必要だった。」・・・などである。衝動買いした服に「参観日とかみんなすごいのよ!」という奥方の発言などもそうかもしれない。

・・・よって、販売者は消費者の購買行動の正当性をフォローすべきなのである。フォーラムやレターなどで購買者が多いことを示し、その商品に満足していることを間接的に伝える工夫が必要なのだ。



・・・・よし!いいとこを探しにプレイするぞ!(無駄)













posted by タイガー仁 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(1) | FPS>Soldier of Fortune PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

Soldier of Fortune Paybackやはり微妙

海外レビューですが↓

ソース 360GAMESZONE

・・・微妙な評価でございます。いろんなとこを廻ってみると、

・ゴアゴアバイオレンスが大好きな方はどうぞ しかしゴア表現をOFFにすると価値がなくなる。
・グラフィックは良くなっている
・良作にあふれた最近のソフト群のプレイの合間にどうぞ
・この作品がフルプライスであることがいただけない
・本当にPay back(金返せ)だぜ!
・ネタとして買い!
・AIが突っ立っているか直線的に向かってくるかだけ
・オンラインでは寂しさがこみ上げる

・・・とまあ、こんな感じでしょうか。

シリーズ1,2をプレイした方には物足りなく、初めて触れる方には衝撃的で面白いのかもしれません。

プレイヤーによっては「面白い!」といわれる方もいらっしゃいますし、良作続きでハードルが高くなってしまったために海外批評サイトも結構辛口なのかもしれません。
しかし個人の価値観で楽しむものなのでゲームのベクトルが自分に合えばプレイされてもいいんじゃないでしょうか。

でも送料込みで9000円近いフルプライスは抵抗あるなぁ。

PC版のDEMOでも出てくれればいいが。



posted by タイガー仁 at 17:04| Comment(2) | TrackBack(0) | FPS>Soldier of Fortune PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

ソルジャーオブフォーチュン・ペイバックは微妙らしい

期待していたわりにはあまりに情報が少なく、海外でのレビューも不明瞭。
実は北米版はリージョンフリーらしくて日本でもプレイした方がチラホラ。
しかしXBOX360版は8000円〜9000円という高額ながら評価は微妙らしいです。

やたら簡単に手足がもげ、グロ度は高いそうですが、それだけみたいな。

たしかにゴア表現や死のリアクションなどのグラフィックレベルなどは向上しているらしいのですが、PC版の1作目、2作目のダブルへリックスとは劣るということです。シリーズに初めて接する方には衝撃かも知れませんが。

良質の大作続きで目が肥えてしまっているユーザーには物足りないかも。






posted by タイガー仁 at 09:14| Comment(2) | TrackBack(0) | FPS>Soldier of Fortune PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

「コレが戦争なのだよ」Soldier Of Fortune 3 Payback

Soldier Of Fortune3が出るようですね、飛び散る脳味噌、はみ出す内臓など過激な超ウルトラバイオレンスなゲーム「Soldier of Fortune(ソルジャーオブフォーチュン)」が 更にリアルになってXBOX360に帰ってきた!ってなところでしょうか。

PCで1、2とやってきて思うところは、グラフィックレベルが上がるたびにばかばかしさが消え、リアルなバイオレンスシューターになったことでしょうか。中でもショットガンは超強力でヘッドショットするならショットガンというくらい吹き飛びまくりです。
銃弾の当たり所で悶絶アクションが変わるというリアルさ!このゲームの売りはまさにコレです。

この残虐さは数多くの批判を受けました。しかし、このゲームの監修は元傭兵さんです。リアルな戦場を潜り抜け、見てきた光景はこのゲームの非ではないのでしょうね。
日常の中でニュースでしかわからない紛争や戦争の中身はもっとひどいのだよと、そんな意味も込められているのではないでしょうか?と勝手に思っています。
ハイレベルなグラフィック表現でどんなゲームになるかは下の動画で垣間見ることができます。(18禁グロです)



たぶん、このシリーズも長い付き合いだし買うんだろうな。輸入版が出たら。
posted by タイガー仁 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Soldier of Fortune PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。