新着記事

2008年05月13日

ゲームになった映画たちを買う

映画もゲームも大好きな私にとっては買うべき書

映画もゲームももはやエンターテイメント市場として莫大な予算が投入される時代。映画とゲームをリンクさせ、大きな付加価値を提供していこうという市場が急速に伸びつつあります。

この書は監督別、俳優別、ジャンル別と細かな章に分かれておりコンシュマー機が家庭に根付いていない時代のドットグラフィック系の過去の作品から近年の作品まで紹介されており資料的価値も高いです。

CIMG0884.JPG


1890円というちょっと躊躇するお値段かもしれませんが、オールカラーで写真も満載です。

CIMG0886.JPG


なるほど、今まで出ていなかったジャンルの本だけに結構マニアックに作りこんであります。

古い作品ながら「悪魔のいけにえ」「ハロウィン」がゲームになっていたとは知りませんでした。

posted by タイガー仁 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。