新着記事

2009年11月27日

ボーダーランズ日本語版発売日

辺境の惑星「Pandora」
1度入り込むとなかなか抜け出せなくなる惑星です。

「今日はちょっとだけ」という予定は立てず、休みの前の日などに就寝準備をして今日は「4時間」「5時間」やるぞ!という余裕を持ってやってください。

そんなボーダーランズもようやく日本版の発売日が決定しました。

「Borderlands」を2010年2月10日に発売

海外レビューハイスコア 『Borderlands』

様々な地域へ足を運び、お宝を求めてトレジャーハンティング!
たまにはお友達を連れて行くも良し、4人の個性的なキャラクターそれぞれで全クリを目指すも良し(いつ終わるのかわかりませんが)遊び方は様々。



posted by タイガー仁 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Borderlands | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

「Dr.NED ゾンビの島」 DLCを購入

忙しい昨今でゲームの時間もなかなか取れない現状で、かなりのクエスト数と寄り道ミッションがまだまだ大量に残っている「ボーダーランズ」ですが、DLCが昨日海外で発売されていたので800MSPでゲット。

ファストトラベルのリストに新たな地域として登録され、現在遊んでいるキャラとレベルで「Dr.NED ゾンビの島」に行くことが出来ます。
ミッションを始めるとオープニングがはじまり物語の経緯が説明されます。


CIMG2840.JPG


この島ではDr.NEDの手違いで島民がゾンビになってしまい、そこらじゅうに徘徊しております。
元々死んでいる方々ばかりなので、電撃系や酸の属性の武器ではダメージを与えることが出来ず、強力な武器や炎や爆発系の属性を持った武器で対応しなくてはなりません。

CIMG2841.JPG

部位切断の概念のある本作ですが、ゾンビ相手ですと強力なライフルで足をスナイプすると吹き飛びますが、それでも上半身だけで「ハイハイ」しながら向かってきます。

あるフィールドでショットガンで足だけ吹き飛ばし、「ハイハイ」状態で10人ほど生かしておくとフィールド上で這い回るゾンビが「本当に気色が悪い」です。

片手を吹き飛ばしてもそのまま突進してきますので、やはり定番の「頭」を吹き飛ばすか、燃やすか、身体をばらばらにしなくてはいけません。

普段はのろのろと徘徊していてもこちらを見つければ、皆が大量に襲ってくるので下手をすればあっという間に囲まれてしまいます。

毒吐きゾンビの液で動きが鈍くなったところで大量なゾンビの猛攻で何度死に掛けたことでしょう。(L4Dっぽい)

フランケンシュタイン系の固い敵や、自爆するゾンビなど大量に発生するときは手ごたえのあるプレイが楽しめます。

いま流行のゾンビものではありますが、大ヒット中の「L4D2」が「ドーン・オブ・ザ・デット」の雰囲気ならば、こちらはルチオ・フルチの「サンゲリア」といったところでしょうか。

このDLCも50のクエスト、5つのダンジョンと本作すら完了していない状態でこのボリュームのものを出してくるといつ終わるのか予想もつきません。

このゲームはシンプルといえばシンプルですが、古きよき時代のRPGを思い出します。レベルを上げて、より強力な武器や宝を捜し求めてダンジョンやミッションに足を運ぶ。

襲ってくる雑魚も種類が決まっていて、パターン化してしまい飽きそうなものですが、コレで武器が10種類くらいしかなかったらたぶん面白くなくなり、すぐにやめてしまうでしょう。やはり武器探しとその使用の面白さがゲームの肝なのかもしれません。

最近はコレだけしかやっていませんが本当に「時間泥棒」です。

ミッションの詳細の理解にはやはり英語力が必要ですが、ミッションをこなすこと自体はマップに表示されるし、戦闘は撃ちまくるシューターなのでプレイ自体に英語で詰まることはないです。

結構、手足の部位切断とか、脳が飛び散るとか、体が粉々になるなどの表現があるので日本版では「Z指定」になると思いますが、要としての「武器」その様々な「威力や効果」の表現のための「残虐表現」なので表現規制や修正が入れば面白みは減ると思います。

●好評受付中●【Xbox360】 Borderlands (ボーダーランズ)<アジア版>



●好評受付中●【Xbox360】LIVE Points 1600(マイクロソフトポイントカード)<アジア版>






posted by タイガー仁 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Borderlands | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

Borderlands DLC The Zombie Island of Dr. Ned

好きな方には御好評な「Borderlands」

戦闘中心の単調になりがちなプレイも様々な種類の武器と属性、特殊技能や武器で、いつも同じような雑魚を相手にしながらもバラエティに富んだ戦闘で楽しませてくれます。

フィールド上のドデカイ武器収納箱を見つけ、「ガッコーン」と箱がオープンする際にわくわくし、まだ出会ったことのないタイプの銃器に歓喜する。同じような武器を見つけてもリロードタイムや連射速度、威力の微妙な違いで使い勝手が異なってくるという仕様。

バックパックに収納できるアイテム数が限られている(バックパックもアップデートしますが追いつかない)ために、選択を迫られます。

自分の死に際に「あの銃、売らなきゃよかった!」と思うこともございます。

そんなゲームですが、早速DLCが配信されるとのこと。
相手はゾンビです。

海外ポイントは持っているので、日本でも落とせればいいのですが。





posted by タイガー仁 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Borderlands | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

Modern Warfare 2 Review



なにも言うことはないですし、みなさんのほうがよくご存知でしょう。楽しみです。
posted by タイガー仁 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Modern Warfare 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

PC版海外版コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2は日本ではプレイ不可

うちの弟もゲーマーで、もっぱらPCゲームのほうをやってますが早くプレイしたくてわざわざ購入したPC輸入版コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2が日本では認証されず、プレイできないとのこと。

現在いらいらしながら模索しているとのことです。


ほかにも世界的にPC版は非常に叩かれており

「ゴミ」「Epic Fail」… PC版『Modern Warfare 2』のユーザー評価がやばいことに

の記事のように、あちこちで火種が爆発しているようです。
posted by タイガー仁 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Modern Warfare 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

か!買いたい!!!

やはり日本でもでますか!!

Xbox 360 コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2 リミテッド エディション

現在HDDの容量も一杯だし、この躯体はかっこいい!!

欲しい!!

しまった!スーツをブランドじゃなくコナカにしておけばぁ〜!

海外では発売済みの本作!評価は予想通り、かくし芸大会のラストを飾る大御所のように「満点」連発です。

ゲーム予約してるしなぁ〜キャンセルしてこっちかな〜
「数量限定」というところがそそるよな〜。
posted by タイガー仁 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Modern Warfare 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボーダーランズ! 持ちきれなくて迷うほど魅力的な武器を使い捨てる喜び!

CIMG2825.JPG



「おもしろい!」「ハマル!」


などのウワサに違わず・・・


「明日、プレゼンもあるしチョッとにしておくか・・・」

・・・で5時間プレイ!!

と、すっかりハマッてしまっている状態の私。


宇宙の遠い惑星の荒野でエイリアンテクノロジーをめぐって血で血を洗うような争奪戦。殺らなきゃコチラも殺られる。
無法地帯で頼れるのは「己の肉体」と「武器」

シングルでは基本的に一人旅です。
オンすれば仲間を集って4人同時にトレジャーハントも可能です。

しかし一人旅でも楽しい!

AIでランダムに精製されるという一生遊んでも把握しきれないであろう無限に近い武器を見つけそれを使う喜び!

見つけた強力な武器に狂喜するも、武器レベルに自分のレベルが到達していなければ使用不可能。

だから、レベル上げに躍起になり、より強い敵が待ち受ける高いレベルのエリアへと足を踏み入れなければならないのだ!

さらに高いレベルの強力な武器を使いたいがため、その繰り返しに眠りも忘れてしまう中毒性・・・あかんわコレ・・・続きを読む
posted by タイガー仁 at 18:45| Comment(4) | TrackBack(0) | FPS>Borderlands | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

海外版の発売まで秒読み!

・・・ですが!

今回は日本版まで待つことにしています。
この年末に来て仕事の忙しさ(去年の倍の仕事量)と、勉強会の講師を依頼されちゃったのでその準備、新作ラッシュに対する散財の調整でこの状態で、買っても出来ない可能性がありそうなので。

しかし日本版に規制が入ることがあればアジア版即効ゲットですが。

最新の動画を見ると気が焦りますね。「はやく手に入れなきゃ乗り遅れる!」みたいな。



最近はモダンウォーフェア熱が再燃し、夜暇さえあれば、サーバーに入ってます。今やっても飽きない面白さがあり、手放せないソフトのひとつになっています。また24型フルHD環境を整えた効果が大きいのかもしれません。

今まで32型の液晶TVでも遜色なかったのですが、プライベートなマイスペース構築とフルHDの効果がとても綺麗ですばらしく久々にプレイした「DEAD SPACE」も表現のレベルが上がってまた違った新鮮な怖さを感じます。
ディスプレイは小さくなりましたが逆に没入間が増しました。

フルHD液晶ディスプレイ(アマゾン)


・・・と書いているうちに届いた「ボーダーランズ」

直感でプレイするか?それとも辞書を片手にプレイするか?


CIMG2824.JPG


posted by タイガー仁 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Modern Warfare 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。