新着記事

2009年04月29日

ゲームはこれからが期待か!

ビジネスにおいては「不況だから・・・」とか「儲からない・・・」とかクライアントのつぶやきが蔓延している状況。

所詮経済は人間の心理や感情で動いているもので実質的な不況など心の生み出す現象と考えれば需要喚起の方法はいくらでもある。

多くの企業は自社のUSP(強みや売り)を自分自身答えられることが出来ず明確化されていないために、むやみな価格競争に陥っている状況である。最近では売込みをやめ、クライアントの情報収集や悩みを聞くことに特化した営業スタイルをとることに集中している。

しかし、ゲーム産業は活気がありますね。
マニアックな洋ゲーを積極的にローカライズしています。

50CENTは、フレンドでもやっている方がいて面白いという好評価で、洋ゲーショップでもひそかに売れている商品です。WETはタランティーノのキルビルを彷彿させるような切れ味鋭いアクションということでプレビューも期待させる内容になっています。

最近予約した洋ゲーは「Prototype」と「レッドファクション・ゲリラ」

どちらも6月上旬の発売予定です。

Prototype プレビュー - 十の戒律を読むと「Prototype」はライオットアクトに超バイオレンス風味を加味した感じに仕上がっている印象です。

レッドファクション・ゲリラはデモ版では平坦なシューターの印象がありますが武器の特徴に合わせた破壊方法により様々な戦術が可能であるというところに魅かれます。

どちらのゲームも既存のゲームで見たような基本を抑えつつ、独特のUSP(ユニークセールスポイント)を売りにしているところがあり、今後のゲームも独自のアイデアを付加していくことが重要でしょう。
使い古された定番のゲームに単なるグラフィック向上や敵のキャラを挿げ替えるだけのFPS、TPSはもはや生き残れないものと思います。

posted by タイガー仁 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(1) | XBOX360 INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

酒は飲んでも呑まれるな!

この前の演劇公演の物語の中で、酒に呑まれた部下が領内で刃傷沙汰を起こしてしまい激怒して放った私の演じた役「丹羽長秀」のセリフでもあります。

まあ、いろいろと話題ですが、酒での失敗は激しい自己嫌悪をもたらし、信用を失います。ストレスが溜まりすぎているときは飲む量は、ほどほどにしましょう。

私も酒での失敗はありますが、記憶をなくす(ブラックアウトといいます)をよくする方は統計的にアル中になりやすいといいます。


・・・というわけで下記のようにゲームに反映させているような方もいらっしゃるようで、
Japanese Singers Naked, Drunk Rampage...In Saints Row 2(ソース kotaku)

気をつけたいものです。


posted by タイガー仁 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

これは買わんと!!

歴史はここから始まった…。シリーズの原点である初代『Postal』がGOG.comに登場!(Game*Spark)

GOG.com

いまではこんなに安いのですか!
1作目は発売中止とか言われてましたが今は無きマイクロマウスから出ていたゲーム。指がつりそうになるゲームでした。この辺からでしょうか、私のバイオレンスジャンキー的な洋ゲーへの道程がはじまったのは。
そういえば同じころ「GTA」も話題をかっさらってました。GTAの原点です。でも10年くらい経つのですな、光陰矢の如しです。

それにPOSTAL2のコンプリートも出るとは!5.99ドルで、POSTAL2は製品版の1作目を持っているのですが、このバージョンは数多くのMODに対応できなくて困っていたのですが。コレなら買いです。
当時はバカ高い、高スペックマシンで動いていた銭食いゲームもこんなに気軽に買えるようになってしまうとは。

アンリアルシリーズとかも安いな〜。Falloutの1作目もあるで!洋ゲー500円ショップの様です。
オークションで古いPCゲームを高めに買っている方はコチラで買うほうがいいでしょう。
昔のPC洋ゲー雑誌「プレイ・オンライン」であこがれていたゲームが盛りだくさん。日本では珍しいゲームも多いですね。(ただし英語)

またPCゲーにはまりそうです。

海外オークションで使うPayPalの口座がSHOPで使えるようなので早速何か買ってしまおうかと思います。
posted by タイガー仁 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | XBOX360 INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

L4D 追加コンテンツ サバイバルモード動画



Game*Sparkで詳細が述べられていますが、生存時間が長ければ長いほど凄まじい戦いになるようです。
戦略と協調が今以上に必要になりますね。いやぁ、楽しみです。
posted by タイガー仁 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | TPS>Left4dead | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Prototype ミッション遂行動画



第3者を吸収し、記憶を取り込むことでミッションを遂行することが出来るようです。それにしても忙しいしゴア表現もなかなかです。
posted by タイガー仁 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | TPS>Prototype | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

レッドファクション:ゲリラ戦略動画

red-faction.jpg
Demo版をやってみた感じでは、建築解体業のようなぶっ壊しがたのしいレッドファクション:ゲリラですが、Demo版にはない武器や乗り物で期待感が高まります。けっこう気になっています。あとはオンラインの出来がどうかですね。動画はこちら
posted by タイガー仁 at 08:58| Comment(1) | TrackBack(0) | TPS>Red Faction: Guerrilla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Burnout Paradise Cops & Robbers

BUP11.jpg バーンアウトパラダイスで「警ドロ」が可能なようです。容疑者を求めてチェイス風なモードでしょうか。やはり、人気のあるゲームはコンテンツも充実していきますね。動画はこちら
posted by タイガー仁 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | RACE>バーンアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

他人の記憶がミッションを進める上でのカギ

Prototype プレビュー(360GamesZone)

主人公Alexはもともとが記憶喪失のため、各個人の持つ機密情報などの記憶を吸収、同化することによってパズルピースをはめ込んでいくかのように自分自身と取り巻く陰謀と謎を解いていく。
それによってミッションをアンロックするような仕様でしょう。

エリアによって警戒レベルが異なり、そのレベルによって、ステルス的戦略性が求められるミッションもあるようで、ただ単に街中で大暴れするタイプのものでなくきっちりした魅力あるストーリーの流れの中で様々な行動を求められるもののようです。

posted by タイガー仁 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | TPS>Prototype | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

XBOX360 Red Faction Guerrilla Demoをプレイ!

海外のブログサイトをまわっているとマケプレ非公開のRed Faction Guerrilla Demoを落とせるとのこと。ただし、ちょっとした手続きが必要。(PS3も落とせるみたい)

本来ならば、6月9日の商品予約先行でのダウンロードでの配信、4月後半のマケプレ配信の「Red Faction Guerrilla Demo」でございますが、それをしなくても販売元ディベロッパーのTHQでメンバー会員登録すると、XBOX360で言うマーケットプレイス御利用コードを取得できます。会員登録においての手続きは簡単で住所とかはいれなくていいです。メアドとPASSの設定でOK。
(設定するとTHQから商品お知らせメールとかくるようになるかも知れません)
簡単なので興味のある方はPLAYしてみてください。SinglePlayのみです。

THQUK(登録要サイト)

「Red Faction Guerrilla Demo PLAY THE DEMO」からアクセス

登録後メールが送られてきて、アクセスするとマイページに移動、ページにコードが明記されるので、コードをゲットして御利用コードを打ち込みダウンロード。
今回北米タグでやったので日本タグでも有効かどうかは試してません。

CIMG2249.JPG



ゲーム内容は・・・



続きを読む
posted by タイガー仁 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | TPS>Red Faction: Guerrilla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

ゲームと同様,九死に一生を得た「Dead Space」プロジェクトの秘密に迫る

[GDC 2009#31]ゲームと同様,九死に一生を得た「Dead Space」プロジェクトの秘密に迫る
(ソース 4Gamer.net)

deadspace111.jpg


発売以前はノーマークだった「Dead Space」でしたが、発売当初海外での評価があまりに高く、急いで購入したことを覚えておりますが、予算も期間も3ヶ月しかないと状態で作られたとは驚きです。

既存のTPSゲームの要素に独特のオリジナルアイデアを組み込むことで大ヒットになったわけですが、それぞれの要素が的確な意味を持っていてうまく出来ていると思います。

切断描写が単なるグロ演出でなくいかに部位切断することで弾を節約し効果的に相手の動きを封じ込めるかという戦術性に基づいていること、武器は本来の武器でなく資源掘削の道具であり、効果的に岩石を切断したり掘削したり、爆破したりサイコキネシスも個人での運搬作業にもとづく能力と考えれば非常に理にかなったものであり、HUDをなくすことで「たったひとり」という孤独感を効果的に演出していることが、恐怖を増幅していました。

時間も予算も限られた状態で、オンライン要素を削ぎ、使い古されたTPSの基本にオリジナルなアイデアを組み込むことで大ヒットさせることに成功しました。背水の陣で1からゲームを組み立てるクリエーターには頭が下がります。

部位切断が、このゲームの意味の一つなのですが、その表現を許さない日本では発売されることはないでしょう。
英語なのでストーリーを理解するのは難しいですが、雰囲気やプレイ感覚は十分に楽しめるものなので買って損はありません。

映画でもアイデアで大ヒットしたものもけっこうありますが、続編に予算も時間も与えるといまいちとか駄作になる確率があがるんだよな。

Xbox360 【アジア版】DEAD SPACE(デッドスペース)《発売済・取り寄せ品》


この本では日本のゲーム倫理委員会「CERO」について数ページですが記述されており、「Deadspace」についても書かれています。







posted by タイガー仁 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | TPS>Dead Space | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

Prototype、北米で6月9日に発売が決定

Prototype、北米で6月9日に発売が決定

Prototype - ゲームプレー動画x2

(ソース 360GamesZone)

ようやく発売ということで、超期待!

アジア版の予約はまだ始まってないようですが、はじまれば即予約です。

動画をみると、ヘリの操縦などするには相手を吸収して知識も吸収するようです。


51z+aKtTGqL._AA280_.jpg


これはイントロ動画





最近は、一時期買うだけ買って積みまくっていたゲームの消化をしている最中。
マーセナリーズ2はアジア版で英語に苦労していたのですが、何度もやっているうちに、空爆要請するにも、予算と燃料チャージが必要だということを理解!

拠点を解除し、そこで要請項目を買い、燃料キャパを増やしあちこちにある金や燃料、爆弾をヘリで回収することで大規模な空爆が可能なのですね。英語なのではっきりわかりませんでした。

バンカーバスターでターゲットのでかい施設を爆破するとすばらしい爆破エフェクトも相まってカタルシスを得られます。

やっとこさ面白いと思えるようになりました。

洋ゲーやるようになってから英語に触れる機会が多くなり、海外オークションやら個人輸入なども抵抗無く出来るようになりましたが興味のある分野で開拓していくと英語も必要性に駆られてこの年でも勉強できるようになるんですね。
posted by タイガー仁 at 10:18| Comment(1) | TrackBack(0) | TPS>Prototype | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

Halo 3 ODST Beta メニュー流出?

Halo3のアナザーストーリーODST
ODST: Orbital Drop Shock Troopers(軌道降下特殊部隊)の地球での防衛線を描いた(?)もの個人的には渋そうな雰囲気なので期待。

こいつの真偽はわからんですが、リアルっす。

posted by タイガー仁 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Halo3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

Prototype Story Trailer



ハードバイオレンスです。
posted by タイガー仁 at 10:03| Comment(2) | TrackBack(0) | TPS>Prototype | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慰めの報酬 シングル終了

簡単にクリアしてしまった感があるのですが、シネゲーとしてはうまくまとまっていると思います。登場人物の描きこみがサラッとしていてもう少し深みがあると良かったのですがストーリーよりも、映画のボンドになって映画と同様に活躍するアクションゲーとすればお勧めです。
しかしヘビーゲーマーには物足りないかも知れませんが。

マルチプレーに関しては、グラフィックはサラッとしていますが、Cod4のように戦闘でポイントを稼ぎ、より強力な武器や装備をカスタムしていく仕様になっており、やりこみ度は高いと思われます。カバーも出来るのでレインボー風な感じです。

昨夜はチームデスマッチとボンドバーサスで対戦。
ボンド・バーサスはプレイヤーの一人がボンドになり、マップ上の爆弾を解除していくモード。自分がボンドになるとプレッシャーで超緊張ですが初めての挑戦にもかかわらず、すべての敵を倒し爆弾解除を完了させて実績解除となりました。

ラグも少なく快適に遊べました。外人さんが多かったのでワールドワイドなサーバーですかね。海外では少し前に発売されていたので、武器も結構カスタムしてあり、拾って使わせていただきました。
銃器のカスタムパターンは結構たくさん組み合わせが出来るようです。

ルールも独特なものもあり、現状ではすぐマッチングでき対戦相手に困らないです。

シングルでは難易度をあげつつ、実績解除を意識しながら再プレイしてみようかと思います。



posted by タイガー仁 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション>007慰めの報酬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

ウォッチメン鑑賞 メチャ面白い!

これは一言で言えば「実社会の中にヒーローが実在したら?」というドラマ。

最近では「ダークナイト」がヒーローものの枠を超えて映画史上における大傑作になったのは記憶に新しいところ。この「ウォッチメン」はカルトな怪作としての大傑作と私は評しましょう。

しかし、感情を揺さぶるような絶望とアクションのつるべ打ちな「ダークナイト」のようなものを期待すると肩透かしを食らいます。

決して軽い気持ちで彼女と見に行くような映画ではありません。

「月9」のような登場キャラの人間群像ドラマを見るようなスタンスで見るとおもしろいです。

巷では賛否両論の評価ですが約3時間の大作なので若干の予備知識をもってみないと最初から「なんのこっちゃ?」になりかねません。

時代背景は現実の世界とリンクしており、対ソ連との冷戦構造やベトナム戦争、ケネディ暗殺、ニクソン、キッシンジャー、アイアコッカなど実際の事件や実名の人物が登場し、そのあたりの時代背景をリアルタイムで経験している自分には(まだ幼少だったが)すんなり入ることが出来た。

そこで活躍というか暗躍している自称ヒーロー達。自らの正義を振りかざし法では裁けぬ悪を裁いているのだが、結局振りかざしているのは暴力に過ぎず、ここに出てくるヒーローも心がどこか欠けているか半分狂っているようなキャラで、その心を補完するように自らコスプレし別のものに成り代わることで、自分の暴力衝動や過剰な愛国心を開放しているようにしか見えない。
そんな自意識過剰な危険人物ばかりなのでニクソンによりヒーロー禁止令が出されてしまい、ヒーロー達はこころのよりどころを失いただのおっさんとして生活していますが、そこで起こるかつてのヒーロー狩り。

ヒーロー狩りで最初に命を落とす「コメディアン」はヒーローとは程遠く暴力そのものを楽しむためにヒーローになったような人物。

ある事件で半分気が狂っているが純粋に自分の正義の信念に基づき行動し続けるロールシャッハ。

活動自粛で心のよりどころを失い、おまけにインポテンツになってしまったナイトオウル2世(フクロウ男)

活動自粛の際、自分の素性を明かしヒーロー時の自分のフィギュアで億万長者になったオジマンディアス。

かあちゃんがヒーローだったので2代目を襲名させられるもかあちゃんに反発しているシルクスペクター2世

そして唯一「超人」として存在する「Drマンハッタン」

この方が爆笑です。面白すぎます。

原子力エネルギーの実験中に肉体を失ってしまうが、青い光を放つ超人として再生します。その力は強大でベトナム戦争を勝利へ導き、対ソ連の核抑止力としてアメリカの最終兵器として存在しており、終末戦争の鍵になってます。

この方、公共の場ではスーツか最低限パンツなのですが、プライベートではフリチンです。プライベートシーンではどうしても目がそこに行きます。
超人具合が進むにつれて意識も人間から神に近くなり人間離れしていくので、人間界では「〜でしょ!」と一言ですむことも、やたら哲学的に落ち着いた口調で長々と話すようになり結局何を言っているのかわからない。(しかもフリチンで)

人間だったときから付き合っていた研究仲間の彼女がおり、身体が青く不気味になってもまだ付き合っていたのですが、ヒーロー仲間の若いシルクスペクター2世に気持ちが行ってしまい、元カノに

「若い娘がいいんでしょ!どうせ私はおばさんよ!」

と罵られるも、持ち前の落ち着いた哲学的口調で

「そうなのだ・・・君はだんだん年老いていく・・・」


と独り言をつぶやいて若いシルクスペクターに走ってしまいます。

シルクスペクターとベットインしているとき(あの青白い身体で)自分の超能力を生かした分身の術を使い3Pか4Pに持ち込もうとしますが、

「わたし、そんな趣味ないから!!」


とシルクスペクターにひどく怒られてしまいます。そんなときも持ち前の落ち着いた哲学的口調で

「きみを楽しませようと思って・・・」

とのたまう始末。その後、TVの会見中に突然現れた年老いて変わり果てた元カノに動揺してしまい、


「ほっといてくれー!!」


と叫ぶや否や火星に引きこもってしまいます。(本当に一瞬で火星に引きこもるので爆笑)

というわけで、Drマンハッタンという核均衡をアメリカは失い、世界は核戦争の危機に突入します。世界の運命はいかに?ヒーロー狩りは誰が?何のために?

キャラクター造形がしっかり掘り下げて描かれているので、どのキャラも非常に魅力的です。自分としてはロールシャッハが一番の好み。
ヒーローらしく格闘でもしっかり強いのでアクションシーンもキレがあって魅せてくれます。


昨日は1000円で映画を見られる日だったので見に行きましたがお客様は10人くらいでした。ほぼ貸切状態。

日本ではあまりヒットしないようだとは思いますが、これは面白い。
絵作りもコミックそのものを再現しているようなので1コマ1コマに隠された情報量は半端ないものと思われます。

DVD化の際は「ディレクターズカット版」で3時間10分の長尺ものが出るということです。こりゃ買いですわ。
映画館で気づかなかった細かい部分はDVDで補完したいところです。
いや、ブルーレイをそろそろ買っとくか。

バイオレンス描写もきつく、エロもあり大人向けのマニアックな映画ですが、好きな方ならこの世界観に大いにハマれるでしょう。お勧めです。



Watchmen official film guide









posted by タイガー仁 at 10:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。