新着記事

2007年11月29日

Soldier of Fortune Paybackやはり微妙

海外レビューですが↓

ソース 360GAMESZONE

・・・微妙な評価でございます。いろんなとこを廻ってみると、

・ゴアゴアバイオレンスが大好きな方はどうぞ しかしゴア表現をOFFにすると価値がなくなる。
・グラフィックは良くなっている
・良作にあふれた最近のソフト群のプレイの合間にどうぞ
・この作品がフルプライスであることがいただけない
・本当にPay back(金返せ)だぜ!
・ネタとして買い!
・AIが突っ立っているか直線的に向かってくるかだけ
・オンラインでは寂しさがこみ上げる

・・・とまあ、こんな感じでしょうか。

シリーズ1,2をプレイした方には物足りなく、初めて触れる方には衝撃的で面白いのかもしれません。

プレイヤーによっては「面白い!」といわれる方もいらっしゃいますし、良作続きでハードルが高くなってしまったために海外批評サイトも結構辛口なのかもしれません。
しかし個人の価値観で楽しむものなのでゲームのベクトルが自分に合えばプレイされてもいいんじゃないでしょうか。

でも送料込みで9000円近いフルプライスは抵抗あるなぁ。

PC版のDEMOでも出てくれればいいが。



posted by タイガー仁 at 17:04| Comment(2) | TrackBack(0) | FPS>Soldier of Fortune PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こりゃまた急な!コール オブ デューティー4 モダン・ウォーフェアXBOX360日本版

昨日からチラホラ情報が入ってきましたが、やはりXBOX360日本語版が発売されるようです。
情報ソース ファミ通.com

PS3版も発売日が少しばかり遅れて、12月27日同時発売ということです。税込7140円

来年くらいに日本語版出るかなとは思っていましたが、この速さは異常です。なぜ?!

XBOX360では当初出ないと言われていたがゆえに、輸入版のニーズが高まり売り切れ必至状態になるほど日本人プレイヤーも購入している状況にメーカーも動いたのでしょうかね?

「出す」と言っておけば、多数のXBOX360ユーザーが輸入版に流れることもなかったろうに、企業視点での様々な思惑もあるのでしょうが前評判の高いゲームの情報が採りやすい現代の情報環境の中、ユーザーが見逃す訳も無く「日本では出ない」となれば、「輸入版」を選ぶのは必然です。
オークションでわざわざ高いのをお買いになられたユーザーの方もいらっしゃいますし、メーカーはもっとユーザーの視点でお考えになっていただきたいものです。

しかし、何より日本人のプレイヤーの方々が増えればかなり盛り上がるでしょうね。

そうそう、BIOSHOCK日本版がスパイクより2月21日発売とのことです。
あの極上の世界観に触れて見たい方は日本版で。
公式サイトOPEN

アサシンクリード日本版とkane&Lynch deadmenアジア版(←地雷かもしれんチョイ微妙な評価で不安)の発送メールが来ていたので楽しみです。

プレイ時間が深夜に限られたチョイカジゲーマーの私でもこの10月〜11月はたくさん購入したなぁ。(全部洋ゲー!)
その分飲みに行くの減ってますが。

posted by タイガー仁 at 09:18| Comment(2) | TrackBack(1) | FPS>Call of Duty 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

最近のコールオブデューティ4

数日ぶりにサーバーに入ると皆さん平均してランクが上がっていて強くなっていました。毎日鍛錬されて階級をお上げになられているようでご苦労様です。

連日レベルアップに皆さんがいそしんでいるので私も1日サボるだけで置いてきぼりを食らっているような気がしてしまいます。
(サボるとかサボらんとかたかがゲームですが)

しかし遅れを取り戻さんとハッスルしても戦場の藻屑になってしまうことでしょう。

相場の世界でも
「損を取り戻そうとして、あせって売り買いをしてはいけない。損を大きくするだけだ。ひとまず相場から離れて学ぶのだ」という教えに基づき「ビバ!」とかいいながら観光気分でJUST CAUSEにまったりする。


するとどうでしょう!


手榴弾を投げ返すことにおたおたしてしまいながら爆死!

空爆から逃れるために屋内へ移動しようとして入口で狙撃される私!

ヘリの掃射で戦場に散る私!

ゴミ箱と壁の少しの隙間でコッソリ狙うも針の穴を射抜く正確な狙撃で無残な死を遂げる私!

曲がり角でばったり敵と鉢合わせる瞬間に、「ナイフか?銃か?」と考えるコンマ数秒に相手のナイフで散る私!

旗を守るために近くの草むらに伏せているもランダムなグレネードで爆死!



前よりたくさんの死に花を咲かせるではありませんか!


私のような年だけ重ねて戦闘は青二才の兵士でも、多くの死を学ぶことで1人前になれるのだろうか?


・・・とおもいつつ映画「BLACK HAWKDOWN」のDVDを鑑賞し、戦場はそんなに甘くは無いことを実感するのであった。



posted by タイガー仁 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Call of Duty 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

来年期待している作品

Fallout 3(フォールアウト3)

Fallout3.jpgThe Elder Scrolls IV: Oblivionを開発したBethesda Softworksの新作RPGゲーム。核戦争後の荒廃した世界を舞台にしたオブリビオンのような自由度の高いゲームらしい。剣と魔法から銃や爆薬に変わり、残酷描写やバイオレンスが高い。1人称視点で物語を進めるタイプで戦闘はFPS。
前作、前々作についてはDiabloシリーズなどの影に隠れて日本語版も出ていない作品だが独特の雰囲気が根強いファンをもつ。
OFFICIAL SITEを見ると1950年代のようなレトロチックでコミカルな雰囲気がBIOSHOCKに似ている。
現在詳しい情報リンク 4Gamer.net



「核戦争後の世界」という設定でのパターンの映画は数多くあり結構好きな部類。この世界で立ち回れる自由度はいかほどのものか?
剣と魔法のファンタジーよりも荒廃したこちらの世界観にとても興味をそそられる。


Mercenaries 2: World in Flames(マーセナリーズ2)

MARCENARIES2.jpgPS2で北での作戦にハマリまくった方々も多いはず。
建物ごと豪快に破壊してしまう爽快感、何でも乗れる多数の車両や兵器、広大なベネズエラを舞台にしたマップ。高度なグラフィックでよりリアルで臨場感抜群の本作はPC、PS3、XBOX360のマルチで開発中。
開発元 PANDEMIC  OFFICIAL SITE





雰囲気的に「JUST CAUSE」を思い出してしまうが「傭兵」という語句にピンと来てしまう私。

ARMY OF TWO(アーミーオブトゥー)

ARMY OF TWO.jpg「camaraderie」「combat」「cash」(友情、戦闘、現金)という動画のフレーズがそそるBuddyMovie(相棒映画)のようなゲーム

ワンマンアーミー的な今までのシューターとは異なり2ペアでの戦闘と戦術が新しい。2人のキャラにそれぞれ相反する個性を持たせ凸凹コンビ的なユーモアを絡めた演出と血なまぐさい戦闘シーンでメリハリを与えストーリー的な楽しみも期待できる。日本語版の発売も決まっています。






Unreal Tournament 3

UT3.jpgアンリアルトーナメントはスピードが命といわれるほどスピーディな戦いを求められる。オンライン回線をISDNテレホーダイ、ADSL、光、PCのマシンスペックをアップデート(奥様にしかられるのでタワーケースを変えず中身の構成だけで10回はグレードアップさせている)するきっかけを常に作ってきたのはアンリアルトーナメントのためと言っても過言ではない。



PS3とPCが優先で、XBOX360での開発一時ストップなどのうわさもチラホラ聞こえたものの来年には出るようです。
パッドコントローラでの操作に不満が出るだろうと思われるので【X360】XFPS 3.0 スナイパーを装着し、キーボードとマウスによる戦闘体制を検討中
・・・だったらPCでやれば?と言われそう。

洋ゲーばかりのラインナップですが、本能的にそそられます。
なお、これらの発売日などははっきりしていません。本家のアマゾンでは予約開始してたりしますが。
posted by タイガー仁 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | XBOX360 INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

ソルジャーオブフォーチュン・ペイバックは微妙らしい

期待していたわりにはあまりに情報が少なく、海外でのレビューも不明瞭。
実は北米版はリージョンフリーらしくて日本でもプレイした方がチラホラ。
しかしXBOX360版は8000円〜9000円という高額ながら評価は微妙らしいです。

やたら簡単に手足がもげ、グロ度は高いそうですが、それだけみたいな。

たしかにゴア表現や死のリアクションなどのグラフィックレベルなどは向上しているらしいのですが、PC版の1作目、2作目のダブルへリックスとは劣るということです。シリーズに初めて接する方には衝撃かも知れませんが。

良質の大作続きで目が肥えてしまっているユーザーには物足りないかも。






posted by タイガー仁 at 09:14| Comment(2) | TrackBack(0) | FPS>Soldier of Fortune PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

Kane & Lynch: Dead Men

Kane & Lynch: Dead Menもアジア版で予約中の私。

海外での評価も6点〜8点というようなそこそこのものだし、動画を見る限りではグラフィックもそんなにとびぬけてリアルでもない。
操作性やAIもどうかな?という感じでしょうか。

元傭兵とサイコパスという、むさくるしいハゲオヤジ2人が主人公という洋ゲーでしかないだろうテイストでゲームにしたことに新しさを感じてしまいます。

・・・しかし、東京での銃撃シーンや人でごった返すナイトクラブでの戦闘に私が大好きなマイケル・マン監督の男汁映画「ヒート」や「コラテラル」を重ね合わせ全体的な雰囲気を評価して「コレは買い!」とポチッと予約。

東京での銃撃戦がコレっぽい雰囲気ならば自分はOK↓



Kane & Lynch: Dead Menも映画化されるようですが、洋ゲーというのは映画産業のようなエンターテイメント性が重視されてきましたね。予算も伴って膨大になってきましたが。

次世代機になってゲーム1本の制作費が億単位になっている現状ではもはや制作費を回収して儲けを出すには世界市場を考慮したゲーム作りが必要ですが、国民性やら文化の違いで出すゲームがすべてうけるとは限らないところが難しいところです。映画製作に似た様なものになっていくでしょう。

Mass Effectとやらは海外では10点満点もある大絶賛のスペースオペラRPGなのですが、自分にはいまいちピンとこないです。宇宙の大冒険物って子供の頃からなじみが無かったからなのかなあ?
銀河の危機を救うために数多くの惑星を渡り歩くなんて箱庭ゲーを通り越して壮大すぎる物語は島国の日本人の私には敷居が高い感じがしてしまいます。

アメリカでは大うけの映画でも、日本ではイマイチなんてのもありますものね。



posted by タイガー仁 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | TPS>KANE&LYNCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

Call of Duty4の売り上げ2位

・・・と世界ではHalo3についでだそうです。

3位のGears of Warを抜きました。大人気ですね。

私がこの作品が良いと思うのはオンラインでの装備のカスタマイズ性でしょうか。

武器自体もアンロックしたダットサイトやスコープ、グレネードランチャー、サイレンサー、銃の迷彩などカスタムでき、自分や戦場に合わせた装備ができる。

プレイヤー3個のPerk Slotsを持っていて、アンロックされている3個までを選択して、自分の特殊能力として装備が可能。
第一のスロットは爆発物(Claymore mines, Powerful Grenades, C4, RPG-7)等のアイテム用で、残りの2つが特殊能力用。

Juggernaut - HP値を上げる
Stopping Power - 弾のダメージUP
Sonic Boom - 爆発系のダメージUP
Sleight of Hand - リロード速度を速くする
UAV Jammer -レーダー検知から逃れる

Extreme Conditioning - 走り可能な時間を延ばす
Steady Aim - 射撃精度命中率UP
Deep Impact - 弾丸の貫通能力UP
Last Stand - HP0で倒れた後、ピストルを抜いて反撃可能になる能力。
Martyrdom - 死んだ瞬間にその場に自動的にグレネードを落とす能力

これらも経験値アップとともにアンロックされていきます。

このように、Classという概念を取っ払って、自分自身で細かくカスタムできます。スロットが5個あるので、遠距離狙撃やCQCなどの戦闘スタイルごとにカスタマイズして、オンライン時にカスタムしたスロットを選択すればいいのです。

しかし、今後ひとつ不安なのがもしも追加マップの配信が800MSPなどで配信されると、北米タグを持っていても日本製のマイクロソフトポイントでは購入できないので、どうするかですね。

海外製のマイクロソフトポイントを買うか、(それでも落とせるかわかりませんが)無料配信まで数ヶ月待つか、盛り上がっているので日本のマケプレでも用意していただければいいのですが。

Halo3も12月11日3つの追加マップが配信予定です。
(日本では若干のずれありかも)ソース 360GAMESZONE


 
posted by タイガー仁 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Call of Duty 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

アサシンクリードもうすぐ発売

海外では発売中のアサシンクリードですが、日本版は11月29日。

海外での評価はサイトによって賛否あるようですね、しかし大規模な箱庭構成のゲームなので予約済み。

リンクGame*Sparkレビュー

ゲームストーリーに重要な秘密が隠されているようなので、動画などはなるべく見ないようにしています。

年末は洋ゲーの対大作ラッシュですが、「失敗した!」がないように海外のレビュー動向には気を使いたいものです。

しかし、自分の最終的判断基準は「ピン」とくるゲームです。

posted by タイガー仁 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション>アサシンクリード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1度つなぐとやめ時がわからない

相変わらずのオンラインばかりのCall Of Duty4ですが、1度オンラインに入り込むとやめ時が難しくなっています。

階級ランク上昇のテンポがいいので、「あともう少し」という気持ちでオンラインに入り続けてしまう。

伴ってアンロックできた武器をすぐ使いたくなったり、カスタムしたくなる。

回線ラグがほとんど無いのでストレスなく進めることができる。(自分の環境は光回線)

とにかくスピーディで動き回っているので時間のたつのを忘れる。

人が多く対戦に事欠かない。

マップ構成がよくできていて飽きない。

・・・などでしょうか。

昨日は得意先とのゴルフから帰り、早めに寝ようと思いましたが、つないでしまうとついやりこんでしまいました。

最近はこの心理的にタイトな戦場が終われば、「ジャストコーズ」でバカンス・・・というパターンになっています。

今後数多くのゲームがリリースされますが、すべて画像処理負荷も高いし、稼働時間も長いので発熱の心配がたまによぎりますがうちのインタークーラーがかなりがんばっているようです。うるさいけど。



posted by タイガー仁 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Call of Duty 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

隙を見せたら死ぬ戦場

オンラインでは、ちょっとしたスキが死亡につながるほどのシビアさです。
1ステージ10キルくらい取れるようになってきましたが、マップ構成が頭に入っていないとなかなかうまく立ち回れませんね。

左右わからずに、ほんの数秒立ち止まっただけで死にます。
リプレイでは棒立ち、がら空きで殺される自分。

建物内部で壁際に潜んで隠れていていても、横なぎに銃弾が壁を撃ち抜いてこちらに迫ってくる恐怖。

高層アパートのステージではスナイパーの恐怖で身動きも取れないときがありますが、爆撃やヘリの銃撃にあぶりだされてしまう瞬間に撃たれてしまいます。

Last Stand -というHP0で倒れた後、ピストルを抜いて反撃可能になる特殊能力があるのですが、撃った相手が倒れたままよろよろと最後の1弾を自分に向けようとしているのを撃ち殺すのは忍びないです。

しかし、ここは非情な戦場なのです。そんな相手にトドメを刺そうとした瞬間に自分が後ろから撃たれたりもします。

常に上下左右の確認と、目の端にレーダーをとらえていないと勝てません。

あまりの緊張感に毎日深夜1時間程度が限界です。
言葉のわからない多くの方々の中で孤独に奮闘している毎日です。

オンラインではベガス以来の面白さです。いやそれ以上でしょう。





posted by タイガー仁 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Call of Duty 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

旧XBOXのゲームが遊べる!「XBOXクラシックス」サービス12月5日より利用可能

ソース XBOX360 NewsRelease

いくつかの旧箱のゲームがダウンロード可能になるサービスです。
いつかはできると思っていましたが、けっこううれしいです。

やりたい旧箱のゲームも中古市場でなかなか見つけられなかったりしますのでコレはいいかもしれませんね。

今回は5作品ですが、1作品につき一律1200マイクロソフトポイントのようです。容量は1作品につき2G超とのことなので、そろそろハードディスクの容量も考慮しなくてはならない時期に来ているのかも。

クリムゾンスカイなんかは、昔から買いそびれていたソフトなので購入するかも。

いまは海外でしかやっていないサービスの映画などをハイビジョンで購入(レンタル?)できるサービスも日本でやって欲しいですね。
けっこう過去の作品もあるし、画面はきれいだし借りに行く手間も省けるしいいと思います。

物理的な次世代メディアよりも、データ媒体としてのこちらもけっこう需要があるのではないでしょうか。


posted by タイガー仁 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | XBOX360 INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

鳩×教会×2丁拳銃=ジョン・ウー

XBOX360ストラングルホールドはこの大作ラッシュで、お預け状態ですが、この映画が届いたことでまたやりたくなりました。

「狼/男たちの挽歌・最終章」は自分の中では数々の傑作の中でもジョン・ウーのベストだと思います。

ビデオ、レーザーディスク、輸入LD、DVDと媒体ごとに買ってしまっている私ですが、何度見てもいいのです。名画というものは。

音楽とかは「コ○ンドー」などの海外のジェームズ○ーナーをパクっている感もありますがテキーラ刑事の活躍する「新男たちの挽歌/ハードボイルド」よりも「ジョン・ウーはなぜ鳩を飛ばすのか」を知る上ではこの作品がベストでしょう。
フェイス・オフやらミッションインポッシブル2での「なんでここで鳩飛ばすねん!」よりかは意味のある使い方をしています。

しかし、傑作なのです。
信念を貫くがゆえに組織からつまはじきされた刑事と殺し屋が個としての信念に互いに惹かれあい死を賭しても守り抜く男の友情、銃弾で倒れることを拒否し続ける男たち、洗練されたハリウッドの映像よりも、バタ臭い香港映画の方が胸にグッと迫ってきます。

ジョン・ウーの描く男の世界は男のセンチメンタリズムと激しさを凝縮させたド演歌調の職人です。(かっこつけバカともいえる)
銃アクションはとにかく派手、男の心情も派手、切ない破滅への道へと進むのがわかっていてもおのれの信念を貫く姿に心揺さぶられます。

男泣きの傑作!




・・・さーて、ジャストコーズやるか!

ちがうわ!!


posted by タイガー仁 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション>ストラングルホールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これから日本人FPSプレイヤーが増えることでしょう

どうも!コール オブ デューティー4の最初のミッションで爆発後の貨物船脱出時にどうしても自分の体が斜めになってしまうタイガーです。

コール オブ デューティー4 モダン・ウォーフェアは海外ソフトと言えども日本でもアジア版やら北米版やら飛ぶように売れているみたいですね。販売店は色つけて値上げせんように!

PS3でも評価が高いし、XBOX360でも好反響らしいですが、販売権を持つものの判断でしょうか、日本版を片側の機種で出してみたり、後々で出してみたり・・・
・・・ってな訳で海外版に手を出してしまう私。

せっかくゲーム機を買ったユーザーの方は困ってしまいますね。

私はオンラインは旬な時期が一番面白いので今買わないと!と思ってしまうのです。
もちっとユーザーの視点寄りになっていただければいいんですけどね。
ただ、いいゲームを買って楽しみたいと思うだけなのですが。

もしXBOX360日本版の予定アナウンスがあったりすれば今の状況も変わったかもしれませんね。

このままだと海外ゲーム専門のマニアック機になってしまう。

・・・あ、元々XBOX360は海外機だった。

・・・しかし面白いゲームを供給していただける環境があれば私はどっちでもいいんですけどね。

しかし、次世代機両機とも評価の高い洋ゲーがゲーム市場を席捲しつつありますな。
ほとんどTPSかFPSばっかり。

もしも負けずに日本でFPSを作ったら・・・

「いっき」FPS

・・・いやそれは駄目だ・・・











posted by タイガー仁 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Call of Duty 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

バイキング料理のようなゲーム

JUST CAUSE

rico.jpg


俺はリコ・ロドリゲス。政権転覆のスペシャリストだ。
独裁政権のリーダーであるメンドーサ大統領を葬るため,やってきた。
目的は現政権を転覆させ、CIAの復権を図ること。

地元のゲリラを指導しながら反政府勢力を焚き付け、じわじわと勢力範囲を拡大させることが今回の作戦だ。

この島には大量破壊兵器が貯蔵されている可能性があり、全世界にもたらす脅威を取り払うことも俺の目的だ。


早速、政府転覆のための活動

に乗り出すとしよう!
続きを読む
posted by タイガー仁 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション>JUST CAUSE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コールオブデューティ4は大傑作!

Call of Duty4はすばらしい傑作です。

シングルでのグラフィックや躍動感、いま「そこにいる」感は文句のつけようが無く、オープニングの導入からぐいぐい引き込まれます。
トムクランシーの軍事小説のようなタイムリーに戦場を追いかけていく構造的な物語がすばらしいです。まるで映画!

現代戦に舞台を移し、今までの史実に基づいたWWUの物語から完全に離れオリジナルの脚本を書き上げたものになっている。
ロシアの超国家主義者のZakhevと中東の大きなテロ組織が手を組み大規模テロを画策するというもの。

その動きをすばやく察知し、英国SASと米国の協力体制でテロを阻止する物語である。シナリオによってプレイヤーはSAS側になったり米国海兵隊の一員になったりする。

1ミッションが1話分になっており起承転結を持った短いエピソード形式で進めるようになっています。
戦場やストーリー展開が変わり、物語もプレイスタイルもエピソードごとに変わるので飽きることが無い。

「24」のような構造的なストーリーになっています。それらに連続性があってテンポもいい。
ミッションブリーフィング中にゲームのロードが完了するのでテンポが途中で止まることが無いし、チェックポイント型セーブなので死亡の際は直前に近いポイントから始める事ができ、かつ速いです。

武器は現代戦における重火器や装着型グレネードランチャー、RPGなどを用いているためにかなり激しい戦闘になっている。
弾丸の運動量と対物貫通の概念が入り、薄い遮蔽物越しの殺傷も可能になっています。

グラフィックは現在最高のリアリティをかもし出していて、かつプレイヤーにストレスの無いゲームプレイをしてもらうためにフレームレートは平均60fpsは出ていると思います。プレイ中のカクツキは連続性をコンセプトとしたこのゲームの意味をそぐことになってしまうから。
しかし、このグラフィックレベルで軽い動作は「Half−Life2」のソースエンジンを思い起こさせるほどしっかり作りこまれている。
この作品のために作ったオリジナル描画エンジンらしい。

オンラインにおいてもマップの構造が多彩かつ、よく練られていて、つながりやすく動作も軽い、経験値の積み重ねで武器や能力のアンロックができ長時間ユーザーをオンラインにつなぎとめる要素が満載。
アンロックについてもそんなに時間はかからないようになっています。

Peaksという特殊能力系があり、リロード速度や弾のダメージアップなど様々な能力を3つまで装備可能で、オンライン戦術に幅を持たせている。とにかくテンポが良くってスピーディ!

人が多くて今一番盛り上がっているのではないでしょうか。乗り遅れないように!

やられる直前数秒のリプレイが自分の間抜けな瞬間をとらえており「スキがありすぎじゃねえか!」とプレイスタイルを反省することができますし、敵の視点からの映像なのでスナイプポイントを特定し反撃することも可能です。


コレはすべてにおいて最上級のゲームでしょう。
英語がわからなくても何とかなりました。

しかし、最近洋ゲーばっかりですが、クオリティが高すぎですね。
1997年から3DFPSにはまっている私ですが、10年でここまでクオリティが高く、家庭用ゲーム機で気軽に遊べるようになったのか!という感が強いです。
安心してお金を出せるゲームが多いです!

【X360】コールオブデューティー4 モダンウォーフェアーGDEX

PLAY-ASIA

アジア版は売切れてしまった模様ですが、リージョンフリーにつき北米版でも動作します。
アジア版はフラットアウトもそうでしたが、初回でなくなってしまうことが多いです。その代わりリージョンフリーの北米版は残っていますが。










posted by タイガー仁 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Call of Duty 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

Call of Duty 4 : Modern Warfare

・・・・が発売され、私のところにもまもなく到着予定ですが、海外の評価はもはや神がかり的でしょう。

ソース360GAMESZONE

シングルプレイの短さが評価を下げているようですが、微々たるものでほとんど欠点の無い質の高さと激しさは絶賛されています。

XBOX360もPS3も両作品とも非常に評価が高いのでどのマシンでも活気をもたらすFPSでしょう。

「Modern WarfareはFPSの新たなベンチマークであり、世界中のゲーマーは即座に照準を合わせるべきだ。」

ごもっとも!

【X360】アジア版 コールオブデューティー4 モダンウォーフェアー


【X360】コールオブデューティー4 モダンウォーフェアー コレクターズエディション
北米版だがリージョンフリーなので動作可





posted by タイガー仁 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Call of Duty 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

コールオブデューティ4

いよいよ北米では11月6日発売のCod4ですが、今年1番の期待作。

私もアジア版での予約を完了していますが、届くのは今週末くらいでしょうか?

この作品も「オンライン」しかやらないような気が・・・
シングルは非常に短いらしいですね、360GAMESZONEにレビュー動画が配信されていますが、評価は9.4と高めです。
動画中のコントローラーボタンの表示から見るとXBOX360版の動画でしょうか?(いや、よく見ると混合しています。どちらもいいです。)
殺伐とした戦場の雰囲気や臨場感がすばらしい仕上がりとなっています。

残念ながらCoDシリーズは1作目をPCでやったきりで2と3はやっていませんが、今回の4は大いに衝動を突き動かされましたのでコレは「買い」と思ったもののXBOX360日本版の予定が無いことにがっかり。
XBOX版2,3の売れ行きの悪さに販売する会社が及び腰なのか様子見なのか?
しかし日本でのアジア版も予約売れ行き好調らしいところを見ると大いに期待されていた大作でしょう。

今のところPS3では12月に日本語版発売ということですし、評判しだいではXBOX360日本語版のも出るかもしれませんね。

今後FPS市場が徐々に活性化してくるかもしれませんね。







posted by タイガー仁 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | FPS>Call of Duty 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

懐かしPCゲームバカ劇場「板長日和(第6話)」

泣きたい人生もある・・・

やり直したい人生もある・・・

悲しい人生もある・・・


WS000071.JPG


そんな人生を清濁合わせて呑む店 

「蛇造寿司」


おやおや、
今日はかわいいお客様が得意なゲームの披露のようです。

あら、最近ゲームに興味のある常連さんも
来ているようでございますね。


adam.jpg

「こうやってゴロゴロと・・・」


CIMG05021.jpg

「それは何かな?」


katamari2.jpg

「いろんなものをくっつけて大っきくするの!」


「みてみて!もうすぐ出来るよ!」


「・・・ほら!できた!!」


続きを読む
posted by タイガー仁 at 12:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームバカ劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Naruto: Rise of a Ninja

日本のアニメ NARUTOのXBOX360版のゲームです。

・・・とはいっても日本での発売は未定です。

海外での人気が非常に高いんですね。
動画を見る限りでは、バックグラウンドの背景とキャラクターがうまく融合しており、アニメの世界観をうまくかもし出しているのではないでしょうか。
ライオットアクトのように箱庭的世界観を自由に飛びまわりながらのアイテム集めや対戦時には1対1の格闘モードに入る様です。
忍術の成長なども出来るアクションアドベンチャーのようですね。

評価も平均以上です。ソース360GAMESZONE


posted by タイガー仁 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | XBOX360 INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。